NEWS

Venom inc.インタビュー(2019/6/23)

N.W.O.B.H.M 40TH ANNIVERSARY SPECIAL GIGに出演したVenom Inc.のインタビューをUPP-tone musicよりお届けします。
インタビューアーはイベントの転換DJを担当するDJ漫画家ムラマツヒロキ氏、通訳は川原真理子さんです。

 

 

ムラマツヒロキ:ヴェノム・インク3度目の来日公演、また来日してくれて嬉しいです!さっそくですが今回はドラムがアバドンからジェレミー・クリングにかわりました。差し支えなければ経緯を教えてください。

トニー・ドーラン:アバドンには若いワイフがいてね。子供が生まれるということで、最初は何か月か休業するということでジェレミーに入ってもらったんだが、結局アバドンは戻ってこなかったんでそのままジェレミーにバンドに残ってもらったんだよ。

ムラマツヒロキ:ではVenom inc.の現在の正式なドラマーはジェレミー・クリングなんですね?

トニー・ドーラン:イエス!
(ここでEntombedのTシャツを着たジェレミー・クリングが実にタイミングよく登場)

ムラマツヒロキ:ジェレミー・クリングさん、会えて光栄です。あなたはthe absenceをはじめ様々なエクストリーム・メタルのバンドでドラマーとして活躍、今年アルバム発売されたgoregangではギター&ボーカルを担当してますね。

ジェレミー・クリング:お袋に昔から「基本を大切にして、なんでもやりなさい」と言われてたのでその通りにやってるだけだよ(笑)ドラムもやればモニターのエンジニアとかライヴのPAもやるよ。日本に初めて来たのもExodasのライヴ(Thrash Domination)のPAのエンジニアとしてだったよ。Venom inc.と知り合ったのも、アメリカツアーのときに俺がPAのエンジニアをやったときからなんだ。

ムラマツヒロキ:日本は初めてではなく今回で2度目なんですね!様々なエクストリーム・メタル、楽器などに精通しているあなたにとって、Venom inc.とはどのような存在でしょうか?

ジェレミー・クリング:Venomは全ての基本、ルーツだよ。自分が今やってるthe absenceもタイプは違うけどVenomの要素が入っているよ。そもそも俺がドラムをはじめたのは、俺の親父がジャムる相手が欲しくて「俺がギターでお前はドラムな」とドラムをやらされたのがきっかけなんだが、俺の親父もジェフ(マンタス)もJudas Priestとかルーツが一緒なんで、Venom inc.でジェフと一緒にやっているとまるで俺の親父とジャムってるような気分になるんだ(笑)

ムラマツヒロキ:(笑)今度はマンタスとトニー・ドーランお二人にお伺いします。お二人はVenomの1989年の6thアルバム”Prime Evil”で合体して以来3枚のアルバムと一枚のEP、マンタスのソロ、M-pire of Evil、そしてVenom inc.と長くキャリアをともにされていますが、お二人にとってお互いはどのような存在なのか教えてください。

トニー・ドーラン:世の中にはテクニックが凄いギタリストはいくらでもいるが、大切なのは心であり、それを持っているのがマンタスだ。言葉にするのは難しいが、彼と一緒にプレイしていると彼の性格と心が凄く伝わってくる。こういうのはたぶんケミストリーっていうんだろうな。いろいろな女性と出会ってその中の一人が結果的に自分のワイフとなったとして、その理由を聞かれても言葉では表現できないし、あえて言うならそれはケミストリーなんだ。
マンタスのギタープレイはオールドスクールなんだが深みがあって、たとえばゲイリー・ムーアとかBBキングに通じるような、一つの音を伸ばして人を泣かせ笑わせ歌わせることが出来る。そういうフィーリングが凄く俺と合うんだ。

ムラマツヒロキ:なるほど、ケミストリーですね。それではマンタスさんはいかがでしょうか?

マンタス:ケミストリーは凄く感じるな。お互いを補い合っているんだ。トニーはベースも凄いんだがボーカルも素晴らしい。2017年のアルバム”Avé”はデモのボーカルをそのまま使っている曲もあるんだ。スタジオで収録した時のよりもデモのほうが良いのもあってね。ちなみにその”Avé”だが、アバドンはドラムを叩いていない。

ムラマツヒロキ:ええっ!?

マンタス:俺が打ち込みでやったんだ。最初アバドンにスタジオでやらせたんだが、酷過ぎたから使わなかったんだ。俺が作った打ち込みのドラムにギターを入れて、そこにトニーのベースが加わったんだが、そのベースが凄く良かった。トニーのベーシストとしての優れているところは、弾きまくるところとあまり弾かなくてよいところの緩急の使い分けが実にうまい点だ。ドラマーも同じことが必要なのだが、トニーにはそれがちゃんと出来る。

ムラマツヒロキ:(マンタスのアバドンに対するコメントがキツい…これって発表して大丈夫なのかな?汗)

マンタス:あと、世代が同じだからな。トニーはMotörhead、俺はJudas Priest、エース・フレーリーなんだが、世代が同じだけに通じるものがある。お互いオールドスクールなんだが、そこに現代的なエッセンスを加えるところも同じなんだ。俺はゲイリー・ムーアが好きなんだが、ゲイリーが「ギターソロっていうのは曲を次の次元にもっていかなくてはいけない。曲のためになることをしなくてはいけない」と言っていて、俺もそれを心掛けている。トニーのべースラインも同じなんだ。彼はそれが出来る。俺が音楽的に信頼できるのはトニーとスタジオでエンジニアをやっているKalle Knecht、この二人は本当に信頼できる。歌詞に関しても二人が常にアイディアを出してくれて、ケミストリーが生まれるんだ。

ムラマツヒロキ:なるほど…ところで”Avé”の話が出ましたが、僕は傑作だと思っています。僕の中では2000年代にデイトアップされた”Prime Evil”ではないかと…!
(ここでトニー・ドーランが喜ぶポーズ)
…それで、そろそろ次のニューアルバムが聴きたいところなんです。差し支えなければ製作状況などをお聞かせください。

トニー・ドーラン:”Avé”はNuclear Blastからの発売で時間の制約があったからね。アバドンで録ったドラムがダメだったが録り直す時間もなかったんで結局マンタスが打ち込んだんだけど、今はジェレミーがいる。曲のアイディアもあるし、願わくば今年中に作って来年の頭には出したいと思ってはいる。ただ俺たちは周りのバンドと競い合っているわけではなくて、常に前の自分たちを超えようとしているので、ニューアルバムを出すからには前以上のいいものを出さなくてはいけないと思っているよ。

ムラマツヒロキ:それは楽しみです!その前にまずは今夜のライヴを、次にニューアルバムを楽しみにしております(笑)それでは最後、日本のファンにメッセージをお願いします。

トニー・ドーラン:日本のファンは俺達を長年サポートしてくれているし、バンドの皆にとっても日本は特別な国なんだ。いつも歓迎してくれて、本当に感謝している。今後も50年はやりたいと思っているよ(笑)

ムラマツヒロキ:ありがとうございます!(笑)今夜のライヴ楽しみにしてますね!

2019.7.2

UPP-tone music
株式会社

〒102-0081 東京都千代田区四番町7 新和ビル3階
TEL 03-6261-6390 / FAX 03-6261-6391
music@upp-tone.com

facebook twitter

友だち追加

UPP tone music · All Rights Reserved